12月の価格変更のご案内

いつも「鮨かの」をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
毎年12月は魚の高騰に悩まされます。
何とか踏ん張りたいと思っておりましたが、もともと原価が高めの「おまかせ」のみ価格を変更させていただくこととなりました。
また、「おまかせ 軽め」8,000円はお休みさせていただきます。
なにとぞ皆様のご理解をいただきます様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

12月価格変更メニュー

おまかせ 堪能 10,000円→12,000円
おまかせ 12貫にぎり 6,000円→7000円


年末年始の営業のご案内

12月中は31日まで通常通り営業いたします。(水曜日定休日)
元日〜6日(日)までは、「正月用ばらちらし」の引き取りと、正月限定5000円コースのみで、夜のみ営業となります。
コース内容はこちらでご確認ください。
1/4(金)はお休みさせて頂きます。
※満席の場合もございます。ご予約時は営業日カレンダーをご覧ください。

「すし初」から「鮨かの」へ

先代が作り上げて来た歴史、
そして次なる挑戦の未来
鹿野  亮

昭和四十五年、地元の皆様に美味しいお寿司を味わって頂きたいという想いで、江戸川区一之江に「すし初」は初代鹿野安男により誕生しました。
技と目利きによるホンモノの江戸前寿司と、華やかさはないけれどゆったりとした時間をお過ごしいただける空間で地域の皆様に愛されて参りました。

先代より「すし初」を受け継ぎ十余年、「すし初」は「鮨かの」と改名し未来に向けて新たな挑戦に向かっています。重ねて来た技と信頼を生かし、新しい「鮨」の世界を自分なりに精一杯表現することが二代目としての使命だと感じております。

そして何より、「お鮨ってこんなに美味しいんだ」とご満足いただけるよう、シャリの一粒、ネタの一切れ、ワサビの一撮みに心を込めてお鮨をにぎって参ります。

鮨かの店主 鹿野  亮
おまかせコース
鮨かの「三つのお約束」
穴子
穴子
とことん
素材にこだわった穴子を
自慢の味でご提供いたします。

穴子専門の仲卸から更に厳選した納得のいく穴子のみを仕入れ、研究を重ねた独自の乳清仕込みと、創業当時から変わらぬ“詰め”で仕上げた穴子は自慢の逸品です。
※乳清とは別名ホエーとも言い、チーズ作りの際に発生する副産物=乳清です。それを活用してより美味しく調理しております。

穴子
仕入れ
仕入れ
仕入れには店主自ら市場に出向き、
その日の最良の素材のみを
ご提供いたします。

すし屋はネタが命。
市場での仕入れは店主自らが出向きます。産地やブランドも重要ですが、その日の最良な素材のみを仕入れております。市場も中央卸売市場(築地)のみではなく、可能な限り関東近郊の市場に出向き日々より良い素材を探求しております。

仕入れ
日本酒ペアリング
日本酒ペアリング
お料理に合わせて
最も相性の良い
日本酒をご提案します。

日本酒は唎酒師の資格をもつ店主と女将が季節に合わせて常時数十種類揃えております。
60ミリリットルずつ5種類を提供する日本酒のおまかせセット(2500円)もご用意しております。
日本酒の説明は女将が丁寧にご説明させていただきます。

仕入れ
お昼の献立
旬の魚と特選にぎりコース(にぎり十貫・前菜・茶碗蒸し・お椀)

旬の魚と特選にぎりコース
(にぎり十貫・前菜・茶碗蒸し・お椀)

3800円

鮨かの名物「炙り上穴子丼」(お椀付き)

鮨かの名物「炙り上穴子丼」
(お椀付き)

2000円

本まぐろづけ丼(お椀付き)

本まぐろづけ丼
(お椀付き)

2500円

テイクアウト
炙り穴子の押し寿司

炙り穴子の押し寿司
鮨かの名物の穴子の押し寿司は、穴子をたっぷり一本半使用しております。
しっかり味付けされた穴子を酢飯でサンドイッチしております。
どなたにも喜ばれるお土産です。

1500円

炙り上穴子丼(穴子二本入り)

炙り上穴子丼
(穴子二本入り)

2000円

穴子のばらちらし(特製穴子のたれ)

穴子のばらちらし
(特製穴子のたれ)

2500円

海鮮ばらちらし(特製漬け醤油)

海鮮ばらちらし
(特製漬け醤油)

4200円

穴子海鮮ハーフ&ハーフ(特製たれ&漬け醤油)

穴子海鮮ハーフ&ハーフ
(特製たれ&漬け醤油)

4000円

握り寿しのテイクアウトは承っておりません。
季節に限らずお早めにお召し上がりください。

店主ブログ
2018.9.17店主ブログ

オイッッッス‼︎


今年、前に居た店から独立したばかりのヒロシ。

カノのウニ担当です。



行くと、特大の声で「カノさん、オイッッッス!」

って元気なお店です!

元気な若手と、もう1人最近入ったお兄さん(右)と、



お帳場のお姉さんも居ます。




マグロとウニはピンキリで、上を見たらキリが無い。

皆さん自店に見合った
ウニ、マグロを買っていると思います。


ウニも同じメーカーでも粒の大きさや、
揃いなどの見た目だけでも値段が変わります。


カノはそんな高いのは使えませんので、

良いメーカーからヒロシ君に良い感じのところを、

良い感じの日に頂いてきます。相場の上げ下げが結構あるので。
なので物はいつも良いです。



ウニは、唯一仕込みの無い物で、ロスも少ない。

箱の切り替え時に当たったお客様は、
ウニが山盛り!なんて事も。


私は食べたことありませんが笑







【鮨かの】FBページ↓
ご予約はFBメッセージからもどうぞ
※当日や営業時間外の急なご予約はこちらから。


【鮨かの】HP↓
↑HPからもネット予約できます
※基本的に、2営業日以降のご予約


インスタは
#【鮨かの】か、
#【kanomakoto】で検索お願いします




店主カノの日常(個人 FB)↓

↑お友達リクエストは、
お手数ですがメッセージを添えて下さいませ。
※申し訳ありませんが、面識なくメッセージがない方は
承認を控えさせて頂いております。


2018.9.17店主ブログ

11のアジのオーケストラ‼︎


鮨の定番である
〝鯵 あじ〟。

刺身でお出しする場合と、
握りでお出しする場合は
仕込みをチョイと変えています。



カノはこの〝鯵の握り〟にこだわります。




先ずは完璧な脱水。

これにより雑味をゼロに。
※ここまでは刺身も一緒。



次にそこに握りの場合、
赤酢を纏わせる程度に絡めます。

そうする事で、酢飯との一体感を生みます。
このひと手間が鮨としての完成度を高めるのです。


上にはカノ特製青薬味。



今愛媛の鯵が抜群に美味しいです!


鯵、煮切り、青薬味、酢飯
これらを全部合わせると
11の味のオーケストラ‼︎





鮨かのHP↓
こちらからネット予約できます。

インスタは
#【鮨かの】か、
#【kanomakoto】で検索お願いします



2018.9.16店主ブログ

昆布森と昆布盛


今時期の牡蠣は〝真牡蠣〟です。


カノでは、北海道の〝昆布森〟

よくみたらもう一ヶ所
〝こんぶもり〟ってあるじゃないか!

昆布森と昆布盛なんですねー。

知りませんでした。




因みにカノの真牡蠣は

〝昆布森〟です。

実入りが良くてクリーミー!




鮨かのHP↓
こちらから、ネット予約が出来ます。


インスタは
#【鮨かの】か、
#【kanomakoto】で検索お願いします

2018.9.14店主ブログ

すごい人!


朝の6時7時から長蛇の列です。


築地がいよいよ引越しということで、


いろんな雑誌やテレビで特集を
毎日の様に見ますもんね。


特に今日、土曜日は物凄い。


鮨屋は外国人観光客を中心に、
年中行列してますが、


今日は、鮨屋以外のお店も日本人観光客が長蛇の列。


↑〝やじ満〟さんは普段も1〜2人待ってますが、
今日は、物凄かった(゚o゚;;




豊洲に行ったらこの飲食店街も3棟バラバラに。


寂しい限りです。








カノの日常&食べ歩き(個人 FB)↓
お友達リクエストはお手数ですがメッセージを添えて下さいませ


鮨かのHP↓


インスタは
#【鮨かの】か、
#【kanomakoto】で検索お願いします