鮨かのの休日!初めての南アルプス。甲斐駒ヶ岳登山にチャレンジ!

秋の南アルプス。甲斐駒ヶ岳登山の感動日記。

私は趣味として、登山をやっております。

普段行く山は、群馬県や新潟、長野が多いですが、南アルプスの登山は実は初めて。

その、キッカケは、9月の出張鮨です。

堂々たる南アルプスを眺めながら鮨を握っていました。

「あの山からはどんな景色が見れるのだろう」

と思い、登ってみたいなぁ。

と思った訳です。

 

sushikano.jp/wp-admin/post.php?post=7570&action=edit

↑八ヶ岳出張鮨の様子です。

 

今回選んだ山は、日本百名山のひとつ。

南アルプス〝甲斐駒ヶ岳〟です。

アクセスは長野県諏訪方面から。

戸台口という所からバスに乗り換えて山に向かって行きます。

東京からは少し距離が有りますが、登山前日に移動日を設け、のんびりと秋の登山を楽しんで参りました!

 

もくじ

 

 

旅の途中の諏訪大社

 

 

まずは、諏訪大社四社巡り。

諏訪湖の周りにある4つのお社を巡り御朱印を頂いてきました。

全国的に見ても、とても有名な神社ですらかね。

身の引き締まる思いでお参りさせていただきました。

 

諏訪大社の〝手水〟は、温泉の所も有るんですねぇ。

初めて知りました。

御柱も神々しさを纏っております。

諏訪周辺の温泉も良さそうですね!

 

ぶらっと真澄 蔵元に。

 

↑宮坂酒造。綺麗な売店がありました。

 

次に向かったのは、鮨かのでも扱っている日本酒。〝真澄〟を醸す宮坂酒造に向かいました。

有名ではありますが、こちらの真澄の蔵は

協会7号酵母発祥の蔵。老舗です。

因みに協会6号酵母発祥蔵は秋田の新政ですね。

現在の造りは代も若返り、全ての酒を7号酵母で造っています。

蔵に行くと、〝セラ真澄〟というとても綺麗な蔵元ショップが有ります。

日本酒はもちろん、

酒器、調味料、雑貨なども置いてありました。

 

いざっ!南アルプスへ!

 

↑小屋近くのキャンプ場。ココも居心地良さそうです。

 

さて。戸台口方面に向かいまして。

自家用車からバスに乗り換えます。

終点は〝北沢峠〟

ここまで約50分です。

この近くの山小屋で、前泊しました。

 

山小屋での時間の過ごしかた。

 

 

今回の宿泊先に選んだのは〝長衛小屋〟

甲斐駒ヶ岳や、その向かいの仙丈ヶ岳登山にちょうど良い場所にあります。

 

到着してすぐ。

山の冷たい水で冷やされた缶ビールを頂きました!

山の中で冷たーいビール!

コレを体験する為に来ているのです!

 

 

山小屋の中はこんな感じ。

清潔感のある2段ベッドが並びます。

夜ご飯は17:00から。

山小屋でのご飯はシンプルなものですが、温かいご飯とお味噌汁が頂けるだけでも、とても有り難く思えます。

食事時間は30分もかかりません。

食後は談話室に移動し、持参した焼酎を飲みながら見知らぬ大阪のおばちゃんと、しばし談笑。

コレも山の楽しみのひとつですね。

 

またこの小屋は、電波が一切届きません。

夜7時には、する事も無く寝る事にしました。

こんなに早く寝る事は、普通の生活をしていると考えられない事ですよねぇ。

 

サンライズ登山に出発!

 

 

せっかくなら、山の上から日の出を見よう。

と決断。

朝3時に目覚ましをセットし、3時15分に登山を開始しました。

 

ヘッドライトの明かりだけが頼りの真っ暗な山道を一人。

それも、初めて登る山です。

登山アプリで現在地点は都度確認していますが、先の道の様子は分かりません…

熊と出会わないか…

夜の登山の不安さを初めて体感しました。

 

でも、クッキリと見える星。

素晴らしく綺麗な月。

たまに立ち止まり、何度も見上げていました。

 

↑5:15分。日が登り始めました!

 

登山を開始して、2時間ほど。

山梨側から太陽が登り始めました!

この日は、薄い雲がかかっており、

その雲に太陽の光が映り、素晴らしく幻想的な景色が広がっていました。

 

日が昇るにつれ、刻々と表情を変える〝朝焼け〟です。

自分一人だけの景色。

こんな景色が毎日繰り返されている。

これから始まる長い一日。

こんな素晴らしい景色を見ていると、色んな事を考えられます。

なんともロマンティックなひと時でした。

 

甲斐駒ヶ岳 登頂!

 

 

すっかり辺りは明るくなりました。

山頂直下の砂利地点で少し道迷いしてしまったり…

危ない危ない…

 

そして6時40分。

甲斐駒ヶ岳 登頂しました!

 

まだまだ早朝ですからね。人の気配がない山頂です。

眺望も良好!

中央アルプス。北アルプス。

八ヶ岳。北杜市。

そして、堂々たる富士山。

甲斐駒ヶ岳からの景色にしばらく見惚れておりました。

 

 

下山途中に眺められる仙丈ヶ岳です。

どっしりとした姿から〝南アルプスの女王〟と呼ばれているそうです。

ここ、滑ったら気持ち良さそうな斜面が広がっている雰囲気です…

春バックカントリーで行ってみたい…

 

想い出

 

行ったことの無い未体験の南アルプスでした。

どういうルートが有るのか。

登山口はどこから始まるのか。

行程時間など、全く分からない所から始まり、

地図を取り寄せ、ルートを作り、山小屋を決める。

当たり前かも知れませんが、そんな所からスタートしました。

そしてそれを決行し、自分の世界を広める。

山に限らず、普段の生活。

仕事でも。新しい事にチャレンジする大切さを再確認したような気持ちです。

山は良いですね!